プロフィール

くりあじ

Author:くりあじ
自嘲が止まらないデイドリーマー。

↓三日に一回くらいは見るようにしたいアド
kuriajiあっとまぁくgmail.com
あっとまぁくを@に換えて。

最新記事

web拍手

気に入ったものがあったら気軽にポチッとお願いします。

何か一言あるときもこちらからどうぞ。そのとき、コメントの公開が嫌な方はその旨を併記してください。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

そういえば

ネタがない上に完成予告からしばし経つのにまだssを投下できていない負い目からブログを更新できていないのですが、これだけは書かねばならないということがあるのでぽつりと。





はい、ここを訪れる方で御存じでない方がいらっしゃるとは思えませんが、人気投票です。
霖之助勢のひとりとしては今回の投票結果に注目ですね。単行本出ましたし。
現実的な線で考えると、
イチオシ率大幅ダウン
総合順位極微増
辺りでしょうか。今までのイチオシ率がおかしかったので、下がるとはいえまだまだ上から何番目かには入るとも予想します。
総合順位はまあ、ね。うん。仕方がないと思います。



支援リンクとして登録するつもりは今のところございません。私の拙いssが多くの人に見られてしまうかもしれないと思うと恥辱でビクンビクンしてしまいそうですので……。

あれ、それって悪くなくね。



今回の記事でやっとバナーの使い方を覚えたよママン!
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2011.01.19    [ Myカテゴリ:東方 ]

雛がなんか好きだなと前々から思っていたけれど

タイトルのことはちょっと置いといて、記事カテゴリとか別にいらなくないかと思った今。
唯一意味がありそうな東方ssのカテゴリもよほど思いつきで書いたもの以外は枯れ木の山に集めてあるし。
あってもなくてもいいものはない方がいいと相場が決まってますしね。


さてタイトル。
ちょっと前に思いついた絵本うんぬんって書いたのですが、これ自分の分を書いてなかったんですよね。
咄嗟に思いついた三冊の内二冊は特別好きだったものではありませんでしたが、真っ先に出てきた一冊は間違いなく大好きなものでした。

『ないたあかおに』です。
『泣いた赤鬼』だっけ? まあいいか。



思い返してみるとこの作品の青鬼に、私の持つ「かっこいいヒーロー」像はかなり影響を受けているらしいんですね。
あまりにも有名な作品だとは思いますが、知らない方にお話のオチをばらすのもためらわれるのでぼかして書かせていただきます。変なとこは妄想で補ってください。

なんというか被るんですよね。
アファンフィンホンのためにハンチィクララァなことをして結果、ブィンブィンになるというところが……。


うん、ダメ。これはダメ。
ネタバレおっけーかつ読んでやんよ! って方は下の 続きを読む をクリックしてください。

続きを読む
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.11.20    [ Myカテゴリ:東方 ]

たぶん書かないネタを晒してみるの巻

今日はだいぶ前に思いついたものの、ちょっと無茶があるのでたぶん書かなそうなネタがあるので晒してみようと思います。
霖之助の親は慧音を半獣にした白沢。以上。

だけだとアレですね。
まず不明瞭な霖之助の親ですが、こいつを白沢にしちゃえというネタでした。
慧音が半獣であることから白沢は妖獣にカテゴライズされるというのが一般的に有力な見解です。これに対する意見もありますが(←天の邪鬼)この際それは置いておきます。
要は霖之助の自己申告なら妖怪とのハーフも半妖も半獣も、みんな似たようなものとして処理してるんじゃあるまいか? というのが出発点。決して慧音と絡ませたいが為にどうにかならないか考えてなんかいません。
寿命に関しては白沢は特別理論を使ってごまかします。

ここまで来てしまえばあとはもう好き勝手です。
霖之助の肉体がほぼ完全な人間? 肉体は母親ベースなんだと言い張る。
ふたりの心の距離感は? 幼馴染でもご近所さんでも異母兄弟のような関係でもお好きにどうぞ。なんならもっとひどいこともできます、ここには書きませんが。
ssのジャンルは? それこそ自由、ふたりの関係の設定しかしてません。ラブコメシリアス鬱何でも来い。

設定がずれてるのを承知でひとりでパラレルワールドを構築することも不可能ではないはず。
その気になれば作者のキャラ付けだってできるでしょう。


やらないから晒したんですけどね。
一番最初に思いついたのが一番ひどい関係だったのは秘密。




せっかくだしこのネタで私のプロットの作り方も晒してみるのも面白いかもしれない。
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.10.26    [ Myカテゴリ:東方 ]

ふと思いついたバレンタインネタ

星さんです。
でも形にしない。相手が名無し男でも問題なさそうなので。



手作りチョコを作ろうと張り切る星。(ナズ「いや仏教徒だろう?」)
まずは軽く板チョコを手配。(ナズ「それはカレールーです」)
板チョコ細かくカットして湯煎(ナズ「カレーを湯煎で作るのは無理があると思うのだが」)
ここでうっかりチョコをお湯の中に落としちゃった!(ナズ「今更うっかりとか言ってもしょうがないな」)
しょうがないのでホットチョコレート風に路線変更。チョコを足す(ナズ「ルー足して水足しての繰り返しで量が増えることってあるよね」)
粘性の高いドロドロしたものをタッパーに詰めて意中の男性宅へ突撃(ナズ「どう見てもおすそ分けです、本当にありがとうございました」)

男、とりあえずご飯にかけて食べる。
うまい! テーレッテレー
星さん家に帰ってドキドキタイム(ナズ「子ネズミたち、今日のご飯は具なしカレーだよ」)

ナズ「こんな手順で作ったカレーがおいしいのは納得できない」


こんな感じです。適当にタイトル付けるなら「DOKI☆DOKIクッキング~決戦は二月十四日~」
☆は星とかけてますからね!
ここ重要。たとえ誰にも気づいてもらえなくても重要。
真面目に書くとしたらどれだけ調理過程をユーモラスかつおいしそうに書けるかどうかがカギになりそう。

優秀なのに抜けてる星さんならカレーをおいしく作ることくらい朝飯前だよ!
でも意中の男性には脈無しだと思われちゃうのが星さんクオリティだと信じてやまないよ!


そういえば王道でないネタをあまり書いてないですね……。
天の邪鬼なのにおかしいな。





続きを読むでコメント返し
続きを読む
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.02.27    [ Myカテゴリ:東方 ]

発売日延期とのことですが

余裕で想定の範囲内です。
あ、東方香霖堂単行本の話ですよ。

それに伴って表も裏も混乱しまくりの阿鼻叫喚。
いやいや皆様方さすがに喜びすぎでした。動きがあるのがわかっただけいいじゃないですか。
当てにならないことはわかってたじゃないですか。この二年間で。

あと一年くらいかかっても不思議じゃありません。



あと流し読みでss投下時の自虐に関しての話題を見たのですが、私も散々自虐しながら投下してるので正直身につまされる思いです。
他の方はどうか知りませんが私の場合はより上手く、より面白く書けたはずという思いからくるものがほとんどです。
それでも少なくとも投下時は自信満々です。
そして後から自分に失望します。

でもそんなことは綺麗に忘れて次を書き始めるわけです。
上達する気があるんでしょうか。


そんな私が言うのも何ですが、初めて書きましたとか久しぶりに書いたとか、その手の情報は要らないと思うんですよね。
トラックバック(0)   コメント(1)   2010.02.23    [ Myカテゴリ:東方 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。