プロフィール

くりあじ

Author:くりあじ
自嘲が止まらないデイドリーマー。

↓三日に一回くらいは見るようにしたいアド
kuriajiあっとまぁくgmail.com
あっとまぁくを@に換えて。

最新記事

web拍手

気に入ったものがあったら気軽にポチッとお願いします。

何か一言あるときもこちらからどうぞ。そのとき、コメントの公開が嫌な方はその旨を併記してください。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

即興で

適当に何かssっぽいの書こうと思います。現時点では「誰かが作中で何かを食べる」ということしか考えてません。
はい、よーいスタート。


『トマトを食べる ~上白沢慧音の場合~』

 額を拭う。かなりの量だったとはいえ、荷を届けただけだというのに大量の汗が吹き出ていた。
ここのところ体を動かす機会が少なかったせいか体がなまってしまっているようだ。
 出来ることならこのままへたり込んでしまいたいがそうもいかない。帰りは手ぶらでいいのが救いだ。
それでも、今日の強い日差しの中にこのまま戻るのは少し億劫だ。
いかに楽をして復路を行くか考えていると、届け物の受け取り主である森近さんから差し入れを頂いた。トマトだ。

 丸ごと供されたそれに軽く触れる。水にでも浸けられていたのかひんやりとして心地よい。
一目見て普段見るものと比べるとかなり大きいことに気付く。聞けばここらで作られたものではないらしい、ということは外の物だ。
それはそれで鮮度が心配になるが、鼻孔をくすぐる香りと指先から伝わる張りが、“採れたて”と称してなんら問題もないと主張している。

 外のトマトなど初めてだがあまりまじまじと見ていても仕方ない。形が良すぎるのが若干気になるが、齧る。
甘い。まずその一単語が脳内を駆ける。
幻想郷で採れるものと比べるまでもないほどに甘い。比べるとしたらもはや果実と比べるべきだ。
 遅れて中の、種子近辺の水気の多いトロトロとした部分のおいしさに驚く。
収穫にはまだ早い時期のはずなのに十二分においしい。もちろん甘さを感じたのはここである。
少々不躾なのを承知でじゅるじゅると啜る。啜ることでトマトの香りが口の中から鼻まで抜ける。嫌な臭さのない、草の香りだ。
 そのおいしい所が外見の大きさに比例して多い。いや、皮の占める割合と比べて多い。
普段食べているものと比べて皮の厚みは同じくらいなのに、中身は五割ほど増しのようだった。

 しかしどれほどおいしくても、どれほど大きくても所詮はひとつのトマト。すぐに食べ終わってしまった。
口腔に残る余韻を惜しんでいると、いつの間にか体の火照りと疲労が無くなっていることに気がついた。トマトの冷たさと甘みが影響したのだろう。
 おかげで帰りで苦労することはなさそうだと、慧音は共に届け物を持ってきた阿求がおかわりを要求しているのを微笑ましく見守りながら考えていた。







はい開始時間を見るのを忘れてました。だいたい一時間くらいかな? 遅い。
食事を書くのって難しいですね。読んでるだけで生唾が出てくるようなものを書けるようになりたいです。
なぜトマトをチョイスしたのかは機会があれば。
最初霖之助が食べる話にしようと思ったけど蘊蓄が思い浮かばなかったので変更。浮かんだら書こう。

もし同行者がおかわりに成功したら間違いなく慧音もおかわりします。というより内心成功するように応援してると思います。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.05.30    [ Myカテゴリ:東方SS ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。