FC2ブログ
プロフィール

くりあじ

Author:くりあじ
自嘲が止まらないデイドリーマー。

↓三日に一回くらいは見るようにしたいアド
kuriajiあっとまぁくgmail.com
あっとまぁくを@に換えて。

最新記事

web拍手

気に入ったものがあったら気軽にポチッとお願いします。

何か一言あるときもこちらからどうぞ。そのとき、コメントの公開が嫌な方はその旨を併記してください。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

東方むかし話『金のおの銀のおの』

 ある日ひとりの魔理沙が川のほとりで斧で木を切っていました。
あるときうっかり手を滑らせて、斧を川に落としてしまいました。
 魔理沙が困り果てているとなんと川から神様が出てきたではありませんか。
神様は金でできた斧を手にして魔理沙に問いかけます。

「お前が落としたのはこの金の斧か?」
「いいや、違うぜ。でもいらないのなら貰ってやってもいい」

 魔理沙が答えると神様は次に銀でできた斧を取りだしました。

「ではこの銀の斧か?」
「いいや、それも違う。貰ってやってもいいけどな」

 三番目に神様は古い鉄の斧を取りだしました。

「ではお前が落としたのはこの銀の斧か?」
「ああ、ボロっちいけど私の宝物だ」

 神様は魔理沙のいろいろな面で正直な態度に感心しました。

「お前は正直者だ。褒美に三つともやろう」



「こんな次第で儲けたわけだが、今さっき落とした鉄の斧と間違えて金の斧を持ってくるなんて川の神様は頭がおかしくなってるのかな」

 魔理沙はこの事を香霖堂で、感謝の気持ちでいっぱいになりながら霊夢に話しました。
霊夢は良いことを聞いたと鉄の斧を持って川に出かけました。

 川に着くなり霊夢は木も切らずに川に斧を投げ入れました。
そして嘘泣きを始めたのです。
 しばらくすると川から神様が、金の斧を携えて表れました。

「お前が落としたのはこの金の斧か?」

 霊夢は答えずに針とお札を取りだしました。




 霖之助は金でできた斧などという、おかしな道具が沈んでいる川には近付きませんでした。


おわり



くりあじ「ssが上手く書けなくてむしゃくしゃしたのでやった。反省はしているが後悔はしてない」
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2010.11.17    [ Myカテゴリ:東方SS ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。